更年期になると女性が薄毛になる人が多いのはなぜ?

sate3-4
 40代になり最近なぜから体の調子があまりよくない。なぜなのか原因がイマイチわからない。などの体の不調を訴える人が多くなるのがこの年頃です。実はあなたの体の体調不良の原因は更年期が影響しているかもしれません。
 更年期はだいたい45歳~55歳ぐらいの年代の人がなりやすいです。これは、女性ホルモンが影響しています。
 残念ながら女性ホルモンは20代をピークにだんだんと減少を始めます。そして、女性ホルモンが底を付くのがたいだい更年期の年代になります。
 女性ホルモンの減少が起こると、からだのあちこちに不調が生じます。
体の部分部分の痛みや、コリがひどくなったり、お肌のトラブル、怒りやすくなったり、心が不安になったりしてきます。
 これは更年期になれば症状として出てくるのですが、人によってつらさが違います。それは、女性ホルモンの量に影響しています。

 また、この頃になるとだんだんと薄毛が酷くなってきます。それは女性ホルモンが大きく影響しています。通常は女性ホルモンには髪の毛を成長させる働きがあるのですが、更年期になると女性ホルモンの働きが弱くなり、髪の毛に必要な栄養素が届けられないようになります。

 必要な栄養が届けられない髪の毛は、だんだんやせ細ってくるきて、弱い髪の毛になってしまいます。そうなると毛根が弱くり結果抜け毛が増えるという悪循環に陥ってしまうのです。

 そんなときに利用したいのが育毛剤界では知らない人がいないというチャップアップという育毛剤です。これは育毛剤だけではなく、サプリも一緒に取ると言う画期的な育毛座右です。チャップアップのクチコミを調べているととても評価がいいことがわかります。もし薄毛などに不安があるのであれば、チャップアップなどの効果のある育毛剤を使用して改善してみてはどうでしょうか?
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>